written by ミキロウ

Windows10のバックアップについて

壊れたPC

6:大容量ファイルのバックアップについて

実は大容量のバックアップについては前ページでご説明したWindowsのバックアップでは失敗することが結構ある。なのでWindowsのコマンドでバックアップに非常に向いている内容をご紹介したいと思います。
ご紹介するのはrobocopyです。これはLinuxにrsyncというコマンドがあるのですが、これの模倣版といわれています。

まず以下の内容のBATファイルを作成

robocopy [バックアップ元] [バックアップ先] /MIR /COPYALL /R:0 /W:0 /LOG+:[ログ出力先] /NP /NDL /TEE /XJF /XJD

これをbackup.batとして保存しておき、スケジューラにて登録

6-1:タスクスケジューラを起動

6-2:基本タスクの作成を押下

6-3:トリガーを選択

6-4:実行する時間を選択

6-5:実行方法を選択

6-6:バックアップファイルを選択

6-7:確認画面

これで完了ボタンで実際に登録されます。

お疲れ様でした。これでバックアップの設定は完了です。
データ消失は非常に甚大な被害がでます。

皆様定期的なバックアップを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です